仕手株はPTS株価や最新モデル要件と関係なく動く

株というのは人気投票に例えられることがあり、注目を集める株ほど株価が上がることになります。
そのため、大きな材料が出た時にはPTS株価が大きく上昇したり、最新モデル要件などが材料視され株価が大きく動くことがあります。
しかし、仕手株というのはPTS株価や最新モデル要件などの材料がでたことによる盛り上がりとは全く無縁であり、動き始めるまでは誰からも注目を浴びないものとなっています。
通常株価は最新モデル要件などの材料が出た時に動き、PTS株価などに反応を示したりするのですが、仕手株はまず誰にも気づかれること無く株を買い集めることが重要となるので、動き始めるまでは全く話題にものぼらないものとなっています。

仕手株は株の買い集めと株価の吊り上げというふたつの条件を満たしやすい、業績が低迷していて市場から注目を集めずに閑散としている銘柄が狙われやすくなっています。
このような銘柄を時間をかけてゆっくりと株を買い集め、十分な量が集まったときにはそこから思い切り株を買い上げ株価を急上昇させ市場の関心を集めます。
仕手株が注目される時というのは正にこの株価が急上昇した時であり、業績も低迷していて上昇する材料もない銘柄が上昇した場合、株価が上昇したことが材料となります。
そして、それを見た市場の参加者は値段が上がっているのを見て更に上がるのではないかと、飛びついてくるわけですが仕手株の大元となるグループは更に上がると飛びついてきた投資家に安く買い集めた株を売りつけて利益を確定するのです。
元々材料もなしに上昇をしていた株であるため、大元が抜けてしまうと上昇する要因がなくなるため最後に飛びついた投資家は大きな損失を出してしまうことになります。

ページトップへ