仕手株としてのパートナーズと東証株価の動き

パートナーズは仕手株として取引されているように見えることが利ます。定期的に仕手筋が取引していると考えることも出来るでしょう。それに載って取引をするというのは良い方法だと考えられますが、そのタイミングを誤ると大きな損失を発生させてしまうこともありますから注意が必要です。

パートナーズは東証に上場していますから、東証株価全体の影響を受けます。たとえば、機関投資家はTOPIX(東証株価指数)をベンチマークとして取り入れていることが多いでしょう。ベンチマークとは、パフォーマンスを測定をするための平均値として用いられる指標です。また、TOPIXを指標としている投資信託なども多くありますから、東証株価の影響を受けざるを得ないと言えるでしょう。

たとえば、仕手株として買い上がろうと思っても、東証株価が下落している局面では買い上げにくいというのが現実でしょう。相場全体が上昇しているときには、個別銘柄もその流れに乗って上昇する可能性は高いですが、相場全体が下げているときには個別銘柄も下げやすいという傾向があります。

仕手株はファンダメンタルズに基づかずに上昇や下落を繰り返す銘柄ですから、相場が下げているときに逆行高になる可能性はあまり高くはないと考えられます。相場全体が過熱してきているときに一気に買い上がると、ほかの投資家の買い注文を巻き込んで上昇する可能性が高いと考えられます。パートナーズを仕手株として取引しようと考えているのであれば、東証株価の動きを見ておくことも必要です。東証株価が上昇に転じたタイミングや、あるいは上昇を続けているようなタイミングであれば、仕手株としての動きが活発になる可能性はあると言えるでしょう。

ページトップへ